グラップラー刃牙を懐かしんで読み直すって強烈だった

あくまでじょしとか平仮名で書かれた名前を見ると、とりあえず実に素材バレするのですが、前もってそのまんま妖怪なママ大学生らが出てくる事柄でした。筆者は三浦ゆあんという、これまた印象的な名称の作家ちゃんですね。それでは入学カテゴリー場面からはじまり、そこにはエルフみたいな耳をした学生がいっぱい要るという異ワールド旨みがしまくるタイミング。佐丹真央と勝手に仰るツインテール沸騰なお嬢さんが出てきて、しかも名称そのまんまな魔王の血液を退くヒューマンとか言っちゃっていて痛かっただ。けれども女房は延着なので、スタッフ室でドクターに甘く叱られているから萌えました。エラみたいにする美少女が、軽々と仕損じるとか隔り萌え以外にありませんよね。取り敢えず、これだったら確かにあくまでじょしという呼称で受かる事柄だ。こんなにも教師に怒られて半泣きになっているママ大学生は、本当は意外と魔王の輩というから笑えました。もう一度たっぷりおびえていて、これ心底しょうもないんじゃないのって思ってしまうよ。こんな佐丹真央のおそばがヴァンパイアにサキュバスというから妖怪だらけですね。そんな真央と同じ地位になんだか他にも魔王ルーシーが現れて、しかもまたもや夫人で、一層そっちの方が人気者になったから嬉しいだ。ええ、どうも真央は、はなはだお陀仏ダメな魔王のようですね。こんなショボい魔王くんで、しかも夫人だったらおもしろいのは間違いありません。けれども、ルーシーがなんだか反対の顔つきを持っているみたいで、この先のあくまでじょしの進出が楽しみになってきました。